甘酒を美味しく長持ちさせるには?おすすめの保存方法をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

pixta_26026698_XL

最近の美容ブームから、甘酒の成分が見直されており、甘酒を美容に役立てる女性が増えているようです。

甘酒は、原料によって含まれる成分が異なりますが、『糀で作った甘酒』には、

  • 皮膚を活性化する『ビタミンB群』
  • 腸内環境を整える『オリゴ糖』
  • 代謝を促す『アミノ酸』

などが豊富です。

また『コウジ酸』にはメラニンの生成を抑制する『美白効果』も期待できるので、糀で作った甘酒を飲むという美容法が人気なのですね。

ただ、糀で作った甘酒は保存が若干難しいですから、美味しく長持ちさせる保存方法を知っておきましょう。

美味しく長持ちする保存方法とは

『糀の甘酒』は手作りもできますし、市販されているものもあります。

どちらの甘酒でも、基本的な保存方法は『冷蔵保存』です。

たとえ賞味期限が長いものであっても必ず冷蔵庫で保存するようにしましょう。

常温保存をしてしまうと、気温や湿度の変化を受けるため、美味しさが半減してしまいます。
また手作りの場合は雑菌が発生することもありますから冷蔵庫で保存する方が安全です。

もし冷凍庫に余裕があれば、冷凍してしまうのもおすすめです。
冷凍保存であれば、さらに鮮度が保たれて美味しい状態を保つことができるので、まとめ買いをしたときなどは出来るだけ冷凍庫で保存してください。

冷凍保存は小分けがベスト!

冷凍保存をする場合は、1回で飲む量を小分けにして冷凍するのがおすすめです。

全部を一度に冷凍してしまうと、飲む時にすべて解凍しなくてはいけなくなるので、飲みきれなかった分は冷蔵保存するしかありません。

一回解凍した甘酒は、残っている分を再度冷凍できませんから、冷凍するときには必ず小分けにしてください。

また小分けにするのは1回分ずつでもいいのですが、製氷皿を利用するのも便利です。

製氷皿であれば解凍する量を簡単に調節できますし、砂糖の代わりとして料理にも使えます。

解凍方法もひと工夫

甘酒というとアツアツのイメージがあるかもしれませんが、解凍する場合は加熱のしすぎに注意してください。

沸騰させるほど加熱してしまうと、せっかくの『糀の甘酒』に含まれる栄養素が失われてしまいます。

また加熱をすると風味も損なわれてしまいますから、『糀の甘酒』の美味しさも半減することになります。

ですから解凍する場合は、自然解凍もしくは沸騰しない程度に加熱するようにしましょう。

市販されている甘酒は長期保存が可能なものもありますが、美容に効果の高い甘酒は保存料などの添加物が少ないので、賞味期限が短いものが多いです。

ですから賞味期限はしっかりチェックして、出来るだけ美味しい状態を保てるように正しい保存方法で保存することを心がけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*