美肌の秘訣は甘酒かも?!糀の甘酒が肌にいい理由3つ!

有名女優さんや美容家が愛用していることからブームになった甘酒。

一時はスーパーで入手困難になるほど流行しましたが、最近はまた手に入りやすくなってきましたね。

甘酒による健康効果は様々なものが注目されていますが、今回は『肌によい理由』を解説していきます。

食物繊維の整腸作用

食物繊維は、腸内環境を整えてくれるため、美肌作りをサポートしてくれます。
美肌と腸内環境は、関係が無いようにも思われがちですが、腸内環境が悪いと肌にも悪い影響があるのです。

便秘になると、お腹の中に何日も便を溜め込むことになりますよね。
そうすると、腸の中で便が腐ってしまい、悪玉菌が増えてしまいます。

悪玉菌は有害物質を出していて、”毒素”として全身にまわります。
この毒素が肌にも影響し、ニキビや肌荒れ、くすみなどのトラブルを引き起こしてしまいます。

このようなトラブルを防ぐためにも、腸内環境を整えておく必要があるのです。
甘酒は”食物繊維”をたくさん含んでいるため、腸内を整え、美肌作りをサポートできるでしょう。

ビタミンB群で肌荒れ防止

甘酒には、『ビタミンB群』が含まれています。

ビタミンB群の中には、『皮膚の粘膜や健康の維持』『たんぱく質の代謝』などに関わるるものがあります。

  • ビタミンB2…皮膚や粘膜の健康を維持してくれるビタミン
  • ビタミンB6…たんぱく質の分解や合成にかかわるビタミン

これらのビタミンは美肌維持には欠かせません。

さらに、ナイアシン(Bとはつきませんが、ビタミンB群です。)は血行をよくする働きを持っています。

血行が良くなると、冷えや肩こりの解消、健康な髪や肌づくりをサポートしてくれます。

これらの効果から、甘酒に含まれるビタミンB群は美肌を作ってくれるといえるでしょう。

コウジ酸の美白効果

甘酒には『コウジ酸』が含まれています。
コウジ酸は、酒を作る過程でできるものです。

酒職人の手が綺麗であるということから研究され、糀に含まれる成分の研究が進んだ結果、発見されました。

コウジ酸はメラニンの生成を抑えてくれる効果が期待できる成分です。
メラニンは黒くなるときに酵素が働くのですが、コウジ酸はこれを阻害するのです。

このことから、コウジ酸には美白効果があるといわれています。

甘酒を飲んで美肌を目指そう!

肌に良い成分をたくさん含む『甘酒』。

冬だけでなく、夏場も”冷やし甘酒”などで楽しむことができるので

毎日続けて、内側から健康的でキレイな肌を目指しましょう!

甘酒を飲んで運転すると飲酒運転になる?ドライバーでも安心な『糀の甘酒』とは!

甘くておいしいだけではなく、健康・美容効果が高いとして注目されている甘酒。

甘酒という名前から「お酒なの?」という疑問を持っていませんか。

実は、米糀から作られている甘酒は、アルコールを一切含まないので車の運転があるときでも安心して飲める飲み物なのです。

今回の記事では、米糀由来の甘酒がアルコールゼロの理由や、酒粕由来の甘酒に含まれているアルコールのことなどについて解説します。

米糀による甘酒はアルコールゼロ

甘酒の原材料には、『米糀』と『酒粕』があります。

米糀由来の甘酒のアルコール度数はゼロ

酒粕由来の甘酒は、酒粕を絞るためアルコールを含みます。

ただ、このアルコール度数は一定ではなく、製品によって異なります。

甘酒はお酒ではないの?

日本で販売されている飲み物は、

  • アルコール1パーセント未満の場合⇒清涼飲料水
  • アルコール1パーセント以上の場合⇒酒類

に分類されます。

これは法律で決まっていることなので、メーカーによって変わってしまうようなものではありません。

よって、酒類となっていなければ、運転前に飲んでも大丈夫です。

そのため、酒粕由来の甘酒であっても、アルコール度数が低く1パーセントに満たないものは『清涼飲料水』になります。

また、商品によってはアルコール度数が1%未満のものは、分類が表記されてないものもあります。

甘酒を選ぶ際は、パッケージの裏面をチェックしてご購入ください。

米糀の甘酒なら車の運転も平気!

米糀の甘酒なら、アルコールが入っていないので、運転しても大丈夫です。

米糀から作られる甘酒は、発酵させて作るのですが、
酵母が入っていないので、ビールのように発酵の過程でアルコールが発生することはありません。

酒粕の甘酒を飲むときはアルコール度数を調べましょう

酒粕の甘酒を飲むときは、アルコール度数を把握しておきましょう。

一般的に体重60kgの人であれば1時間に5gのアルコールを摂取しても処理しきれるといわれています。
つまり、アルコールが2パーセントの甘酒を200mL飲んだとしても、検問で使われる呼気アルコール濃度には影響してこないということが考えられます。

しかし、お酒の耐性は人によって異なります

お酒に弱い人は、少しのお酒でも処理しきれず飲酒運転となってしまうことがありますので、
お酒に弱い人は、運転前に酒粕の甘酒を飲むことは控えておくとよいでしょう。

「自分はお酒に弱くないから大丈夫」と思っていると、思わぬところに落とし穴があるかもしれませんよ。

血糖値が気になる人へ!甘酒との上手な付き合い方

美容と健康への効果が各種メディアで取り上げられ、大注目を浴びている甘酒。
「飲む点滴」とも呼ばれ、一時はスーパーで売り切れてしまうほどブームになりましたよね。

甘酒は美容と健康に良い成分が含まれていて、私たちの健康づくりをサポートしてくれます。

しかし、糖尿病の方血糖値が気になる方には注意が必要な飲み物です。

今回の記事では、血糖値が気になる方にはぜひ知っておいてほしい甘酒と血糖値のお話しをしていきます。

続きを読む

結局どの甘酒がおすすめ?甘酒選びで気を付けたいポイント5つ

 

檀れいさんや道端アンジェリカさんなど、多くの芸能人も飲んでいると話題の『甘酒』。

テレビや雑誌でも『便秘を解消できる』や『美白効果がある』など、健康面・美容面への効果が紹介されていますよね。

しかし、ひとえに甘酒といっても種類がたくさんあって、迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、甘酒を選ぶときに気を付けたいポイントを5つご紹介します。

ぜひ、参考にしてくださいね。

続きを読む

美味しいだけじゃない!『甘酒いちご』の美肌・便秘解消効果に注目!

みなさんは『甘酒いちご』を知っていますか?

2017年5月12日に金スマで取り上げられてから、甘酒ブームをさらに加速させているのが甘酒いちごです。

その名前の通り、甘酒といちごを混ぜたドリンクで、美肌を保ったり便秘を解消してくれたりする効果を期待できる成分が含まれています。

今回の記事では、番組で紹介されていたレシピよりもさらに美味しい甘酒いちごの作り方と、甘酒いちごに含まれる体にうれしい成分について解説します。

続きを読む