甘酒で解消?美容の天敵『目の下のクマ』に効果的な3つの美容成分とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

甘酒は、日本の伝統的な食品の1つで、納豆や味噌などと同じく、『発酵』を利用して作られています。

実は、そんな甘酒が目の下のクマの改善に効果的ということが分かりました。

今回の記事では、『目の下のクマと甘酒の関係』についてお話します。

甘酒が目の下のクマにきく?ある企業が調査していた!

甘酒を販売している企業が、甘酒について様々な実験をしていました。

そのなかの1つに、“甘酒を1か月継続して飲んだ場合、目の下のクマの改善が認められた”という実験結果がありました。

これは、統計を取って行った調査で、同時に髪の毛の艶や、朝の目覚めが良くなったという改善結果もでています。

皮膚の表面温度が上昇していたことがわかり、老廃物排泄促進がクマを改善させたのではないかといわれています。

甘酒がなぜクマを改善してくれたの?

先ほどの調査は、統計をとったもので、「甘酒を飲んだ結果、改善したひとがいますよ」というものです。

甘酒には美容成分がたくさんふくまれていますが、どの成分がクマに良いのかということは、はっきりわかってはおらず、特定できないというのが現状です。

甘酒には、次のような美容成分が含まれていますから、それらの成分の効果か、2つ以上の成分の効果が合わさって相乗効果がでたのかの、どちらかであることが考えられます。

では、甘酒の美容成分についてみていきましょう。

コウジ酸

甘酒の原料には『』が使われています。

コウジ酸は、その糀に多く含まれている成分で、肌を白く導いてくれることがわかってきている成分です。

昔から酒職人の手が白くきめ細かいため、化粧品に使えるのではないかと近年研究が進んでいます。

フェルラ酸

フェルラ酸は『抗酸化作用』があるため、体がさびてしまうことを防止してくれます。

私たちの体は活性酸素の影響でさびてしまいます。

その活性酸素を消しさる作用を『抗酸化作用』といい、フェルラ酸が抗酸化作用をもっていることから、美容によいとされているのです。

さらに、フェルラ酸にはメラニンの生成を抑制してくれることがわかっています。

メラニンはシミやソバカスの原因となりますから、メラニンの生成を抑えてくれることは、非常に嬉しいですね。

システイン

システインは、アミノ酸の一種で歯磨き粉のCMで有名になった成分です。

システインは、髪や爪をうつくしく保つことを助けてくれる成分なので、美容成分としてその効果が期待できますね。

クマにも種類がある?

クマは大きく分けて3種類あります。

  • 睡眠不足や体調不良でできる『青いクマ
  • 加齢や目のくぼみが原因でできる『黒いクマ
  • メラニン色素沈着によってできる茶色いクマ

など、クマにも種類があります。

先ほどご紹介した実験で、どのクマに効果があったのかまでは公開されていません。

しかし、成分をみているかぎり、メラニンが原因である『茶色いクマ』に効果があるのではないかと考えられますね。

まとめ

甘酒とクマの関係は、まだまだ不明な点も多いですが、いくつかの企業で研究がされています。

実験からわかるとおり、甘酒は目の下のクマの改善に十分期待することができます。

しかし、そのメカニズムはまだ明かされていません。

これからの研究に期待したいところですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*