フジテレビ『その原因Xにあり』(1月13日放送)豆乳甘酒生活で冬太り解消!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年がスタートし、早速今年一の寒波が到来している今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

この寒さもあって運動不足になってしまったり、美味しいものをたくさん食べて太ってしまった…という方も多いのではないでしょうか?

そんなうっかり冬太りしてしまった方におすすめな『スペシャルドリンク』が、フジテレビ『その原因Xにあり』で紹介されていました。

フジテレビ『その原因Xにあり』の豆乳甘酒が気になる!

フジテレビ『その原因Xにあり』(毎週金曜日19時放)は、ホンジャマカの恵俊彰さんが司会を務める人気医療番組です。
1月13日放送の、冬のお悩みを徹底解決スペシャルでは、気になる『冬太り』について特集されていました。

ある女性誌のアンケートによると、「冬太り」に悩む女性の割合は96%!
「冬は食べる機会も多いし、太りやすいのは当たり前、痩せにくい!」と考えがちですが、実は冬の方が痩せやすい環境だそうです。

横浜国立大学人間科学部の田中教授によると「冬太りの原因は、“ぬくぬく暖房生活による代謝の低下”にある!」とのこと。
当然、食べ過ぎや運動不足が主な原因ではあるが、エアコンやこたつなどに頼り切る生活によって、冬でも代謝が上がらなくなっているのも原因のひとつだという。

引用元:番組公式ページ(http://www.fujitv.co.jp/sono_x_niari/backnumber170113.html)

このように、冬太りの原因の一つに『代謝の低下』があります。

代謝は大きく分けて3種類。

  1. 最低限の生命活動を行う基礎代謝
  2. 運動による代謝
  3. 食事による代謝

今回の番組では、3の『食事による代謝』をアップさせる方法を紹介!

そのためのスペシャルドリンクが『豆乳甘酒』なのです!

豆乳甘酒とは?

単純に言うと、無調整豆乳と米糀の甘酒を割ったものです。

どちらの食材も美容や健康に良いとされているものですが、合わさるとより効果的だそうです。

豆乳甘酒のレシピ

  1. 無調整の豆乳130ccに、米麹の甘酒を大さじ3杯を加える。
  2. 500wの電子レンジで1分30秒温める。

混ぜて温めるだけなので、材料さえ揃っていればいつでもできますね!

なぜ豆乳と割るの?

日本医療栄養センターの井上所長によると、豆乳の『たんぱく質』は エネルギーになる栄養素の中でも、効率よく食事による代謝を上げてくれるもので、動物性たんぱく質と比べてカロリーも低く、ヘルシーという利点も。

また、甘酒に多く含まれる「ブドウ糖」は、豆乳のたんぱく質の代謝アップ効果をより強力にします。

ブドウ糖は素早く吸収され、脳のエネルギー源となり、脳が活性化され、代謝の指令を的確に出せるようになるとのこと。

つまりブドウ糖は代謝を上げる、いわば「着火剤」なのです。

引用元:番組公式ページ(http://www.fujitv.co.jp/sono_x_niari/backnumber170113.html)

このように、豆乳甘酒は二つを合わせることによって、それぞれの効果をより高め、代謝をアップさせることができるのです。

たった15日間で効果が期待できる『豆乳甘酒生活』の秘密

この豆乳甘酒がどれくらい『冬太りの解消』に効果があるのか!

冬太りに悩む、女芸人「ピンクの電話・清水よし子さん」が『豆乳甘酒生活』に挑戦!

『豆乳甘酒生活』とは

朝食の主食を、先ほど紹介した豆乳甘酒に置き換える、言わば『置き換えダイエット』です。

ルールは以下の3つ。

  • 1日1杯、朝食の主食を豆乳甘酒に置き換える
  • 期間は15日間
  • それ以外は普段通りの生活でOK

測定結果

  • 体重 ⇒ -1.7kg
  • 体脂肪率 ⇒ -1.4%
  • 腹囲 ⇒ -3.0cm

と、たった2週間で大きな変化が!

他の一般の被験者も個人差はありますが、それぞれ見事冬太りを解消していました!

まずは15日間試してみるべし!

健康や美肌に効果的な『米糀の甘酒』だけに、今回の置き換えダイエットもとても期待できそうですね!

続けることが大切ですが、まずは番組通り15日間試してみてはいかがでしょう!

豆乳甘酒生活にぴったりのお試しセット

豆乳甘酒1杯で使う甘酒と、ほぼ同量の60gが1袋になった使いやすい小分けタイプ。

15日分(15食)がお試しできて、嬉しい送料無料です。

↓商品ページはこちら↓

u-11-6
U-11-6 糀だけで作った あま酒 3食入り(60g×3) 6袋セット【送料無料】

合わせて読みたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*