味噌汁の作り置きはできる?賞味期限と保存方法をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

味噌汁は発酵食品を使用しているため、痛みやすい食べ物です。
ですから、季節に関係なく、味噌汁の常温保存はしてはいけません!
特に夏場は大変危険です!

今回はみそ汁の安全な保存方法についてご紹介します。

味噌汁の常温保存

味噌汁の常温保存は基本してはいけませんが、
もし常温保存される場合は以下の2点にご注意ください。

  1. 3〜4時間置きに全体に火が通るように加熱する
  2. 蓋をした状態で保存する

定期的に加熱するのは菌を死滅させるために行います。
75°C以上1分間加熱し続けることによってほとんどの菌は死滅します。
(ノロウイルスの場合は90°C以上90秒の加熱が必要です)

保存期間の目安

6時間〜1日程度

ただし、温度や湿度、保存環境、中の具材などにより保存期間は変化します。
なるべく常温保存は避けて冷蔵保存をおすすめします。

味噌汁を冷蔵保存

お鍋ごと冷蔵庫に入るようでしたら、そのまま入れるのがおすすめです。
その場合は、蓋をした状態で一度加熱をしてから、常温くらいに冷めてから冷蔵庫に入れます。

鍋が冷蔵庫に入らないようでしたら、お汁茶碗に入れてラップをして保存するか、密閉できるタッパーなどの容器に入れて保存します。

保存期間の目安

1〜2日程度

ただし、味噌汁の状態や季節、中の具材などによって保存期間は変化します。

味噌汁を冷凍保存

味噌汁は冷凍保存できますが、具材によって解凍したときに食感が落ちたり、変わったりするものもあります。

(例)

  • じゃがいも→ぐずぐずになる
  • 豆腐→高野豆腐のようになる
  • こんにゃく→スポンジのようになる

そして作りたてよりも風味が落ちてしまいます。
冷凍保存をする場合は、これらを前提に行ってください。
冷凍方法は、味噌汁が冷めたら密閉容器に入れて蓋をし冷凍保存します。

解凍は、食べる前日または半日前に冷蔵庫に移して自然解凍します。
その後、電子レンジで加熱するか鍋にうつして加熱してください。

保存期間の目安

2週間程度

味噌汁の作り置きはできる

味噌汁は作り置きをすると、どうしても風味が落ちてしまうので、
味噌汁を作る際に味噌を入れる直前で調理を終え、1食分ずつ密閉容器に入れて保存します。
この状態で保存することにより、食べたいときに加熱し、味噌を入れることができるため、味噌の風味を楽しむことかできるようになります。

常温、冷蔵、冷凍…いろんな保存方法がありますが、
それぞれの正しい保存方法を知って、
いつでも美味しい味噌汁を食卓に添えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*