とびきり美味しい味噌汁を作ろう!魚を使った味噌汁レシピ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

普段はワカメや豆腐、野菜などで作ることが多い味噌汁ですが、魚を使うと一味変わった味噌汁になります。
臭みを上手に取ると魚が苦手な子供にも食べやすい一品になりますよ。

そんな魚を使ったとびきり美味しい味噌汁レシピをご紹介します。

魚のアラを使った味噌汁

 

一尾まるごとの魚を買ってきた時は、アラが必ず出ます。
骨や骨の周りの肉はいい出汁が出るので、味噌汁に使います。

作り方

  1. アラは、血合いや汚れなど水洗いでしっかり落とします。ここが臭みを取る一番大事な部分です。
  2. キッチンパーパーなどの上に、軽く塩をしたアラを1時間ほど置きます。
  3. 昆布を敷いた鍋に水を張り、アラを入れて火にかけます。
  4. 沸騰直前に昆布を取り出し、その後アクをすくいながら5分~10分ほど煮て、アラを取り出します。
  5. 味噌を溶いてネギを散らしたら出来上がりです。(鯵などの青魚でも美味しい味噌汁ができます。)

お祝いに嬉しい鯛と大根の味噌汁

お祝いの席には鯛がつきものですね。鯛の切り身はさっぱりとしていて味噌汁によく合います。

切り身には鱗は付いていないことがほとんどですが、一尾そのままをおろす場合は、しっかり鱗を取るようにしましょう。

作り方

  1. 味噌を溶き入れて彩りに三つ葉を散らして完成です。出汁が足りないと感じたら、粉末の出汁の素を少々加えます。
  2. 沸騰直前に昆布を取り出し、大根に火が通ったら鯛の切り身を入れてしばらく煮てアクを取ります。
  3. 鍋に水を張り、イチョウに切った大根と昆布とお酒少々を入れて火にかけます。
  4. 鯛の切り身は食べやすい大きさに切り、軽く塩をして1時間ほど置きます。

いわしのつみれ味噌汁

作り方

  1. いわしを5~6尾分、手開きにして皮を取り除きます。
  2. 包丁でたたいて身を細かくしたら、塩を加え、しっかり練ります。
  3. 粘りが出たら卵白少々とおろし生姜を加えだんごにします。
  4. 昆布を敷いた鍋に水を張り、沸騰直前に昆布を取り出したらスプーンでつみれをすくって静かに入れます。
  5. そのまま火にかけ、つみれが浮いてきたら味噌を溶いて完成です。

塩焼き鯛の残り味噌汁

鯛の塩焼きを作った時に、残ることがありますね。その残った鯛は捨てずに味噌汁にします。

作り方

  1. 鍋に水を張り、昆布と焼いた鯛を入れて火にかけます。
  2. 沸騰直前に昆布を出したら、味噌を溶いて完成です。香ばしい香りが食欲をそそります。鯛の骨に注意してください。

フグの味噌汁

味が淡白なフグは味噌汁にとても合います。
他の魚同様昆布だけで十分美味しい出汁が出ます。

フグが手に入らないときは近縁のカワハギでも美味しい味噌汁が作れます。

魚を使った味噌汁を作ろう

少し手間はかかりますが、

やはり魚を使ったみそしはコクがでて、一段と美味しいものです。

ぜひ作ってみてください。

合わせて読みたい、味噌汁レシピ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*