各地域の主流な味噌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

味噌は地域や風土によってその製法や材料が異なり、風味や色合いも様々です。ここでは各地域での主流な味噌とその特徴についてご説明させていただきます。

(1)北海道

北海道では、北海道味噌と呼ばれる米味噌のなかでも辛口で赤い色の味噌が主流です。北陸地方との交流が盛んだったため、2つの地域の味噌は比較的似ていると言われています。

(2)東北地方

東北地方では米味噌の中でも辛口で赤い色の味噌が主流ではありますが、地域によって味の違いがあります。津軽味噌、秋田味噌、仙台味噌、会津味噌といった各地域での味噌が存在するように、昔から味噌作りに力を入れていたようです。

(3)北陸地方

北陸地方では米味噌の中でも甘口で淡色の味噌が主流です。加賀味噌などが代表される味噌となっています。

(4)甲信越地方

長野県は特に味噌の生産が盛んで、味噌の生産量が日本一の県です。米味噌の中でも辛口の淡色の信州味噌が有名です。一方、新潟県では、佐渡味噌や越後味噌などの米味噌は辛

(5)関東地方

関東地方では江戸甘味噌と呼ばれる、甘味がある赤い米味噌が主流です。米麹の割合が多いため、甘味が強くなります。

(6)東海地方

東海地方では、夏が高温多湿のため、味噌の保存に工夫が必要でした。そこで生まれたのが大豆に麹菌を直接加える伝統的な味噌玉製麹という製法で、この製法で豆味噌が作られています。一般的に八丁味噌などと呼ばれているのはこの豆味噌のことになります。

(7)関西地方

関西地方では、京料理などで目にすることの多い、一般的に白みそや西京みそと呼ばれる関西味噌が主流です。色が白いのは短期熟成によるものでもありますが、そのため保存にはあまり向いていません。

(8)中国地方

中国地方は地理的に米味噌と麦味噌の分かれ目の部分に当たります。そのため、県によって一般的な味噌が異なります。
広島では、米味噌と麦味噌、瀬戸内地域では麦味噌、日本海側は淡色の辛口米味噌、関西よりの瀬戸内側は白色の甘口の米味噌が造られています。

(9)四国地方・九州地方

この地方では稲作が向かない土地であったため、麹に麦を利用した麦味噌が主流となりました。麦味噌は熟成機関が早く、よい風味が特徴です。福岡県周辺では米と麦の合わせ味噌も作られています。

以上、各地域ごとの主流みそについてのご紹介でした。観光などで別の地域に行かれた祭に思い出して、違いを楽しんでいただけるかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*