米味噌と麦味噌は何が違うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

米味噌は全国的に利用されている味噌で、麦味噌は限られた地域で利用されていますが
主原料が大豆なのは米味噌も麦味噌も同じです。麹が米からできているか、麦からできているという点で違ってきます。この麹の違いによってどのような違いが生まれるのかをご紹介いたします。

麦味噌と米味噌の栄養素の比較

麦味噌も米味噌もそのカロリーは大匙1で約35キロカロリー(メーカーによる差はあります)とさほど差はありません。しかし、塩分の割合は米味噌(白)が約28%なのに対し、麦味噌は24%と少なめで、食物繊維割合に関しては米味噌(白)が約5%なのに対し、麦味噌は7%とやや多くなっています。
これはまさに、麹の原料である米と麦本来の栄養成分の違いもありますが、麦みそは大豆に対して混ぜる麦麹の割合が多いため、大豆の腐敗を防ぐために入れる塩が少なくて済むので、塩分割合が少なくなるという違いがあります。塩分量が気になる方は麦みそを選ぶのもいいかもしれません。

日本の定番料理!お味噌汁での米味噌と麦味噌使い分け

味噌はお味噌汁にするとお米特有の甘さがのこり、ほっとするようなまろやかな口当たりがしますが、麦味噌の場合はあっさりとした風味が特徴で口当たりもさらっとしています。麦味噌は九州地方と日本のなかでも比較的暖かい地域のものであることから、夏でもさらっと飲めることで親しまれてきました。
麦味噌の場合は、お味噌汁にみそを入れる際に味噌こしが必要になるので、米みそよりも手間がかかりますが、その分麦味噌ならではの香りを楽しむことができます。

以上が米味噌と麦味噌の違いとなります。それぞれの違いを感じることもお料理やお食事を楽しみの1つになるかと思いますので、参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*