麦味噌の食物繊維が便秘に効く!?3日で効果を実感する『麦味噌生活』とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本で古くから愛用されてきた調味料に味噌があります。
味噌には、米味噌や豆味噌、麦味噌などがあります。

その中でも『麦味噌』が、便秘や腸内環境を整えるのに効果的ということをご存じでしょうか。

麦味噌に含まれる注目の成分

1.食物繊維

麦味噌は、大麦と麹菌、大豆や塩などを混ぜ合わせて発酵させた調味料です。
およそ1~3カ月熟成させると出来上がります。

大麦にはたくさんの食物繊維が豊富に入っています。

その中でも、水溶性の食物繊維であるβ-グルカンには、水に溶けるとドロドロになる粘性があり、便を柔らかくして排出されやすい状態にしてくれます。
通常の食事で摂りやすい食物繊維は、不溶性の食物繊維が多いです。

一般的に、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が2:1になると良いバランスとされています。

腸内環境を良くし、便通を活発化させるには、食事から積極的に水溶性食物繊維を摂る必要があります。

β-グルカンには、腸内環境改善の働きのほか、免疫力アップやコレステロールを下げる働きもあることから、宿便が原因で太っている方のダイエットや、体質改善にも効果的です。

2.麹菌とオリゴ糖

食物繊維に続き注目したいのが、原料となっている『麹菌』。この麹菌は『善玉菌』です。

善玉菌は『オリゴ糖』をエサにして、より活発に活動するのですが、大麦には、この『オリゴ糖』も含まれています。

つまり、麦味噌は善玉菌である『麹菌』と、麹菌の動きを活発にするエサである『オリゴ糖』を持っているのです。

3.アミラーゼ

麦味噌に含まれる麹菌には、『アミラーゼ』という分解酵素が豊富に入っています。
このアミラーゼは、腸内にあるデンプンを分解し、腸内で働く善玉菌のエサを作ります。

つまり、先ほどのオリゴ糖と同様に、善玉菌の働きを活性化させる効果があるのです。

麦味噌は万能な調味料

『食物繊維』と、善玉菌を活性化させる『オリゴ糖』『アミラーゼ』の働きにより、麦味噌は腸内環境を改善するのに最適な調味料といえます。

さらに、麦味噌は他の味噌に比べ、脂質や塩分が控えめであることが知られています。
日本人は世界と比べると塩分を摂りすぎなので、味噌を麦味噌に変えて、少しでも塩分をカットしましょう!

3日間で効果を実感できる麦味噌生活とは?

麦味噌生活のルール

ここでいう『麦味噌生活』でのルールは以下の2点のみ!

  1. 主食は麦ごはんに変更
  2. 味噌汁の味噌を麦味噌に変更

その他のおかずはいつも通りで構いません。

3日間続けた結果

3日後、すべての年代の男女とも、麦味噌生活を始める前と後では、麦味噌生活後の方が腸内の善玉菌が増えているという結果が出ました。
下痢に悩んでいた人は下痢が止まり、便秘に悩んでいた人はお通じが毎朝出るようになるという効果も表れました。

たった3日間でこれだけの効果が出るのですから、3日間といわず、毎日使う味噌を麦味噌に変え、継続的に摂取することで、体質改善を行うこともできます。

麦味噌生活をはじめよう

他の味噌に比べて塩分控えめで、腸内環境を改善させる働きのある麦味噌。
他にも、麹菌などの働きにより、免疫力を高め、体質改善も期待できます。

普段使っている味噌を変えるのは、勇気がいることかもしれませんが、
麦味噌は、麦の香ばしい香りと、やさしい味わいが特徴的で、とても美味しい味噌なので、自信をもっておすすめします!

まずは3日間の麦味噌生活から試してみてはいかがでしょうか。

※ただし大麦にアレルギーがある人は、注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*