結局いつ飲めば効果的?甘酒を飲むおすすめのタイミングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

甘酒ブームが続いていますが、いつ飲むのが効果的かご存知ですか?

甘酒を飲むタイミングや、甘酒の取り入れ方は、甘酒を飲む目的によって使い分けることがおすすめです。

今回の記事では、甘酒を飲むタイミングについて解説していきます。

自分にあった甘酒を飲むタイミングについて、考えてみましょう。

栄養補給のためならお腹が空いたときや朝

栄養補給のためなら、お腹が空いたときに飲むようにしましょう。

朝はエネルギーをしっかりとって、これからの活動へ向けて、準備をしなければなりません。
甘酒は糖分からのエネルギー補給をしっかりしてくれる飲み物ですから、栄養補給のためなら朝に飲むのがおすすめです。

また、朝だけでなく、エネルギーを補給するために飲むなら、お腹が空いたときに飲んでも良いでしょう。

甘酒は糖質やビタミンB群を含んでいますが、タンパク質やビタミンCの他、いくつかのミネラルなどを持っていません。
余裕がある方はフルーツや野菜、果物などを追加して、よりたくさんの栄養を摂れるようにアレンジすると良いでしょう。

スムージーに入れるのもおすすめです。

ダイエットのために飲むなら置き換え

甘酒を取り入れる理由がダイエットのためなら『いつもの食事+甘酒』ではなく『何かを甘酒に置き換える』ようにましょう。
朝食、昼食、夕食のどれかを甘酒に置き換えると、大幅なカロリーダウンになりますよ。

また、いつも食べている食後のスイーツや、カフェで飲んでいるカロリー高めの飲み物を置き換えても良いでしょう。

1回に飲む甘酒の量は200mLコップ1杯の量をおすすめします。

甘酒は低カロリーのドリンクではありませんから、ダイエットのためにたくさん飲む、という行動を起こしてしまえば、逆に太ってしまいます……。

いつものエネルギー源を甘酒に置き換える、という飲み方をおすすめします。

リラックスのためなら夜に飲んでも良いけれど、ダイエットにはNG

夜にホットミルクを飲むと落ち着いて眠れる人がいるように、夜にあたたかい甘酒を飲むと、リラックスして眠りやすくなるという人もいます。

これは、夜に温かい飲み物を飲むと体が温まり、自然と眠気を感じやすくなるため、グッスリ眠れるのです。

もちろん、甘酒も夜に飲んだらリラックス効果を得ることができますが、ダイエット中の方にはおすすめできません。

甘酒はカロリーが低い飲み物ではありませんので、寝る前に飲んでしまうと、カロリーオーバーの原因になってしまいます。

基本的には量を守ればいつでもOK!

おすすめのタイミングを3つ紹介しましたが、基本的には量を飲みすぎなければいつ飲んでもかまいません

栄養補給のためなら朝!美肌のためには夜!など、”効果によって飲むタイミングを分ける”という考え方でもOKです。

しかし、甘酒は薬のような即効性や強い効果があるものではなく、普通の飲み物の1つです。
あくまでもカロリーオーバーにならない範囲で飲むようにしましょう。

まとめ

甘酒を飲むタイミングは、その目的によって分けるようにしましょう。

甘酒を飲むタイミング3つのポイント

  • エネルギー補給のためなら空腹のとき
  • ダイエットのためなら置き換え
  • リラックスのためなら(ただしダイエット中はNG)

甘酒の適量はコップ1杯の200ml。
あまりたくさん飲んでしまうと、健康効果を得るよりも、肥満の原因になってしまう可能性があるので注意です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ギノーみそ公式SNS

  • LINE`

    ギノーみそのキャラクター「いよみちゃん」がお役立ち情報やおいしいみそレシピをお届け!

    LINE@に友達登録
  • メルマガ

    ギノーみそネットショップのキャンペーン情報やメルマガ会員様限定のプレゼント企画など、お得な情報を「いよみちゃん」が無料お届け♪

    メルマガ登録

コメントを残す

*